チェックリスト

心筋梗塞は様々な原因から発症する可能性がある病気であり、意識することである程度は予防することができます。
日常生活の中にある様々な要因を確認し、自らの生活と照らし合わせてみましょう。

関連リスクファクターをチェックする

心筋梗塞はもちろん他の心臓に関する病気は、高血圧や肥満などが原因と成り得ます。
心筋梗塞を予防するには高血圧を予防しなければいけなく、高血圧を予防するには肥満を予防する必要があります。

以下に心臓疾患、高血圧、肥満となり得る可能性のある一般的な要因をご紹介します。

心臓病、高血圧、肥満チェックリスト

心臓病

  • タバコを吸っている。
  • お酒を適量以上(缶ビールなら3本以上、日本酒なら2合以上など)飲んでいる。
  • コーヒーなどのカフェインを含む飲み物を多く飲んでいる。
  • 1日のうちで意識して体を動かす(1駅歩く、ウォーキングなど)ことがない。
  • 睡眠不足だという自覚がある。
  • 寝ても疲れが取れない。
  • 生活リズムが不規則である。
  • ストレスを感じているという自覚がある。
  • 自分のことを心配性だと思う。

高血圧

  • いびきをかく、また睡眠時無呼吸(呼吸が止まる)がある。
  • 水をあまり飲まない。
  • 塩辛い味付けを好む。
  • イライラしやすく、感情の起伏が激しい。
  • 自分の血圧を知らない。

肥満

  • 3食食べていない。特に朝食を食べない。
  • 食事のバランスを考えて食べていない。(野菜が少なく肉が多いなど)
  • ファーストフードを頻繁に利用する。
  • 水よりもコーヒーやジュースなどを飲んでしまう。
  • 3食以外にデザートとして甘いものや、間食が多い。
  • 座り仕事のため、通勤時以外はほとんど歩かない。
  • 運動を一切していない。
  • 仕事が忙しい。
  • 自分の体重を知らない。
  • 学生の頃と比べると体力が落ちていると感じる。
  • 猫背など姿勢が悪い。
  • 夜型の生活、または深夜まで起きている。
  • へそ高さのウェストが男性では85cm、女性では90cm以上ある。

関連する要因

上記では心臓病、高血圧、肥満と便宜上区別させていただきましたが、実際には全ての疾患に対して、上記の項目は原因となり得る可能性を持っています。

タバコは、高血圧や肥満の原因とされますし、ストレスなどもそうです。

複数の項目が当てはまったからといって、必ず発症するということはありませんが、逆に1つの項目に当てはまるだけでも、何らかの疾患を発症する可能性はあるのです。

複数あてはまる人は、一度健康診断などを受けてみるのも良いと思います。

自分の体を知る!

体へ何らかの悪影響を及ぼす事柄は多数あり、全てを気を付けるために覚えるだけでも大変ですし、生活も窮屈になってしまいます。
しかし、逆に考えてみるとどうでしょう。

規則正しい生活を送るようにし、バランスの良い食事を心掛け、嗜好品(コーヒー、間食)を控え、タバコを吸っている場合は禁煙をする。
そして、意識して運動するようにして、ストレスを溜めないようにする。

何をなすべきかまとめると短く、簡単、そして当たり前のことだと感じませんでしょうか。

しかし、言葉にすると簡単そうですが、当たり前のことを実際に行動に起こしてみると難しいということがわかると思います。かといって諦めては予防にはなりません。

強い意志が必要!

たとえ完全に守れなかったとしても、何も意識せずに今まで通り生活を送ることと比べてみた場合どうでしょうか?

もちろん行動に起こさなければ、体への変化は少ないといえますが、今回チェック項目を見ただけでも、自分の生活を見つめ直すことはできたと思います。

医師に言われたとしても生活を改善しようとしない人もおりますので、最終的に自分の体を守るのは自分の意志であるということは忘れないで下さい。

心筋梗塞を予防しよう!について、さらに詳しく読みたい