コレステロール

心筋梗塞が発生する原因として多いのは動脈硬化です。
そして動脈硬化に最も関係しているのがコレステロールです。
しかし、コレステロールが全ての元凶というわけではなく、様々な要因とコレステロールが合わさることで動脈硬化が起こり得るのです。

体に必要なコレステロール

体に悪いとされているコレステロールは脂質の一種であり、人体を構成するのには必要不可欠な成分です。

全てを食事から摂取されていると思われがちですが、コレステロールの大半(8割近く)は肝臓にて作られているのです。

コレステロールの役割

コレステロールが人体に必要なことはお伝えしましたが、具体的にはどのように活用されているのかをご紹介します。

コレステロールには様々な役割があり、人体を構成する細胞を包む膜(細胞膜)の成分、食事により摂取された脂を腸内にて分解するための胆汁の元となる胆汁酸の主成分、様々なホルモン(副腎皮質ホルモンや性ホルモンなど)の主成分、脳神経繊維を保護する役割のある神経鞘の成分、脂溶性ビタミン(水に溶けにくく脂に溶けやすいビタミン:A、D、E、K)の吸収を助ける働きなどがあります。

善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)

善玉、悪玉と言われておりますが、悪玉コレステロールが不必要というわけではなく、LDLはもちろん必要であり、その働きにより善玉、悪玉と言われているだけなのです。

コレステロールのそれぞれの役割

LDL(悪玉)は人体を構成する細胞へとコレステロールを届ける際の形態であり、HDL(善玉)は各細胞にて使われなくなったコレステロールが肝臓に戻ってくる際の形態です。

肝臓に戻ってきたコレステロールは、各細胞へ再度送られたり、ホルモンや胆汁酸へと変化させられます。

コレステロールとリポタンパク

脂質であるコレステロールは水には溶けないので、コレステロールが血液に流れて全身の細胞を巡る際には、リポタンパクといわれるリン脂質とアポタンパク質が結合した成分に包み込まれる必要があります。

そして肝臓から各細胞へはLDLリポタンパク、各細胞から肝臓へはHDLリポタンパクとコレステロールが結合・運搬されることから、悪玉、善玉に分けられるのです。

悪玉コレステロールと言われる由縁

悪玉コレステロールと呼ばれるLDLですが単体では、れっきとした役割を持ち、人体にとっては必要不可欠な成分です。

しかし、血中に活性酸素が存在する場合、低密度リポタンパクとも呼ばれるLDLは活性酸素により酸化されてしまい、運んでいたコレステロールを離してしまいます。

コレステロールから粥腫(アテローム)へ

血中に残されたコレステロールは不要物と判断され、不要物を排除する為の免疫機能であるマクロファージにより排除されるのですが、コレステロールの量が多い場合、血管の細胞により排除する機能が働き、コレステロールが血管の細胞に取り込まれ、粥腫(アテローム)へとなってしまうのです。

傷ついた血管は要注意

コレステロールは単体では必要な成分であるが、活性酸素によりコレステロールが血管内に溜まってしまうということをお伝えしました。

活性酸素は強力な毒でもあり、体内に侵入した細菌などに対して白血球が生成・攻撃することで細菌を排除することができます。

活性酸素と傷の悪循環

活性酸素の強力な毒性は血管に傷をつけてしまう程であり、血管が傷つくと白血球が修復するために、傷ついた箇所にて活性化します。

白血球の量が増えることで活性酸素が増えてしまうという悪循環に陥ってしまい、傷ついた血管にアテロームが発生しやすい環境が整ってしまうのです。

血管の傷と、活性酸素が動脈硬化の元凶といえるのです。

心筋梗塞を予防しよう!について、さらに詳しく読みたい