治療

心筋梗塞の治療には、症状が出ている場合は、原因となる冠動脈の閉塞を取り除くという目的であり、症状が現れていないが動脈硬化などにより冠動脈の狭窄部位を治療することで、将来的に症状が現れないようにする予防という意味合いもあります。

心筋梗塞にて行われる治療

心筋梗塞の治療法としては、薬物療法、カテーテル療法、手術療法があります。

発症からの時間、症状の度合い、患者さんの体力などにより選択されます。

薬物療法

心筋梗塞の初期段階や、狭心症の治療として用いられることが多いのが薬物療法です。

冠動脈の血管を広げる、血管に詰まっている血栓を溶かす、心臓への負担を減らすなどの目的とする薬が使用され、治療と共に予防法としても利用されます。

以下に薬物療法に使用される薬とその効果をご紹介します。

硝酸薬

ニトログリセリン、ニトロペンなどがあり、血管を拡張させる効果があり、冠動脈自体を広げる直接的な効果と、全身の血管を広げることで心臓への負担を減らすという効果も期待できます。

狭心症の発作を抑えるのに利用されることが多く、舌下錠(舌の下にて溶かして吸収させる薬)やスプレータイプの物もあります。

βブロッカー(ベータ遮断薬)

交感神経のβ受容体の働きを遮断することで、心臓の動きを減らすことができ、必要とする酸素量が減ることから心筋梗塞の重篤な状態を防ぐことができます。

カルシウムブロッカー(カルシウム拮抗薬)

カルシウムには筋肉を収縮させるという作用があるので、血管の筋肉にカルシウムが流入することで血管が収縮してしまいます。

カルシウムブロッカーを使用することでカルシウムの流入を防ぐことができ、血管収縮を防ぎ結果的に血管を拡張することができます。

特に血管の攣縮(痙攣して縮小してしまう)を抑えるのに効果的です。

抗血小板剤(アスピリン、パナルジン)

血液が本来持っている血栓を溶かす力(線溶)の働きを助ける作用のある薬であり、治療というよりは予防に多く用いられるそうです。

血栓溶解剤(ウロキナーゼ、t−PA:アルテプラーゼ、チソキナーゼ)

直接的に血栓を溶かす作用のある薬。

カテーテル療法

冠動脈の狭窄、閉塞部分に対してカテーテルを使用して障害を取り除き、血流を回復させるのがカテーテル療法であり、冠動脈形成術ともよばれます。

日本の心筋梗塞の治療としては最も行われている療法であり、以前は治療部位での再発が懸念されましたが、技術の進歩により再発率も低下し、負担も少なく効果的な治療法とされております。

カテーテルは局部麻酔をした脚の付け根や腕の動脈から挿入され、レントゲンを使用し、造影剤により血管の狭窄、閉塞部位を確認しながら治療が行われます。

血栓を直接カテーテルにて吸引する手法と共に、血管の狭窄部位を広げる手法が同時に行われます。

バルーン治療

カテーテルの先にバルーン(風船)をつけ、狭窄の起きている箇所でバルーンを膨らますことで、狭窄の起きた血管を拡張させる手法です。

バルーンを数十秒広げておくことで、血管の拡張が期待できますが、時間経過により再発する可能性も考えられます。

ステント治療

ステントと言われる金属製の網状になっている筒を、血管の狭窄部位にて広げることで、血管を拡張させるという方法です。

ステントはそのまま狭窄が起きた部位に留めて置いておくことで、再発を防ぐことができます。

近年狭窄などによる再発(再狭窄)を防ぐ効果が高い薬剤溶出ステントが日本でも使用することができるようになりました。
ステントに血管の収縮を抑制する薬剤がコーティングされており、狭窄の起きた血管に直接薬剤が時間をかけて染み込むことで再狭窄を防ぐことが期待できるのです。

手術療法

外科手術を行い冠動脈の狭窄・閉塞から心筋の壊死を防ぐ手法であり、冠動脈バイパス手術とよばれます。

冠動脈は心臓を這うように張り巡らされておりますが、大元となる太い血管は3本とされております。3本のうち2本以上、閉塞が起きている箇所が広範囲に渡る場合、またはカテーテル療法を行っても再発の可能性が高い場合などにバイパス手術が行われることが多いそうです。

しかし、近年ではカテーテル療法の技術向上にともない、再発率も低下していることから手術療法ではなくカテーテル療法にて十分に回復が見込める症例が増えているそうです。

冠動脈バイパス手術とは

心筋梗塞は冠動脈が閉塞することで、閉塞箇所から先に血液が流れ無くなり、その先の血管から酸素供給を受けている心筋が壊死してしまうことで心臓が障害を受けます。

バイパス手術とは、その名の通り閉塞箇所をバイパス(迂回させる)させて先の血管に血液の供給を続けられるようにする手術です。

バイパスに使われる血管は患者の胸や脚、腕などの健康な血管を採取であり、採取した血管を冠動脈にある閉塞箇所の、前後を繋ぎ迂回させるという手術になります。

カテーテル療法から冠動脈バイパス手術へ

カテーテル療法にて狭窄部位の回復を図っても、思ったように改善されない場合に冠動脈バイパス手術が行われる場合があります。

閉塞箇所が多い場合には多岐バイパス(複数箇所で行われるバイパス)も行われるようです。

手術の部類としてはスタンダード

外科手術ですのでカテーテル療法とは違い、全身麻酔を行い胸部を開き、直接心臓へと処置を施します。

症状が落ち着いている状態においては、患者さんの体力、カテーテル療法の検討などを行い、患者さんと手術を行うかを十分に検討したのちに行われるそうです。

心筋梗塞の症状が現れている段階では、1分1秒を争う状態といえますので、即手術を行うということもあるそうです。

心臓に関する手術としては、歴史も長く一般的に行われており成功率も高く、再発率は低いとされております。

しかし、発症から時間が経っている場合で、心筋の壊死が広範囲に渡る場合には、バイパスを行おうが壊死は回復しませんので、予防・発作時の対応が重要になってくるのです。