検査

心筋梗塞の疑いがある人、または狭心症の発作が出たことがある人は、一度病院での検査をお勧めいたします。 心筋梗塞の疑いがある場合、病院にて受ける診療科は循環器科になります。
原因不明の痛みに襲われて苦しむより、原因を特定することで、自ら生活習慣、体質の改善に努めようとする気持ちが強くなります。

検査の種類

痛みなどの症状が現れている場合は、心臓に異常が生じている状態であり、検査にて明確に疾患を突き止めることができるが可能性は高くなります。

症状が現れていない場合は、機器を使った検査はもちろん問診による診断が重要になります。

検査としての問診

他の疾患でも大切ですが、心筋梗塞や狭心症にて症状が現れていない場合には、問診により症状や自分で感じている違和感などを医師に伝えることはとても重要になります。

今までに症状が出たことがある人は、検査に向かう前に、症状などをメモとしてまとめておくことで、医師に正確な状態を伝えることができます。

症状は人それぞれであり、心筋梗塞以外の疾患の可能性も考えられますので、普段と違うと感じたことは、関係ないと思われることでも全て伝えるようにしましょう。

心電図

心筋梗塞の検査としても最も一般的なのが心電図による検査です。

症状が現れている状態では、心臓の鼓動を電気信号に変換し確認できる心電図にて、顕著に異常を確認することができます。

発作が起きていない状況では心電図では異常を確認できない場合もありますが、心筋梗塞の痕跡は確認できる場合があります。

運動負荷心電図・負荷テスト

安静時ではなく、心臓に負担をかけた状態にて心電図を取ることで、疾患を確認することができる場合があります。

ホルター心電図

検査時には症状が出ないが、決まった時間帯に症状が現れるという人に有効な検査が、24時間心電図を取ることができるホルター心電図検査です。

現在では機器をつけたままで入浴できるタイプなどもあり、普段の生活の中での心臓の異常を発見することができます。

血液検査

多くの疾患に対して有用な血液検査は心筋梗塞の検査でも有用であり、心電図との結果を合わせることで、大部分は心筋梗塞の有無を確認できるそうです。

心筋梗塞が生じている場合、その痕跡がある場合には心筋細胞成分が血中にて確認でき、クロアチンキナーゼ(CK・CK-MB)、CPK、トロポニンT・I、GOT、GPT、LDH、白血球などの血中量により判断されます。

心臓超音波検査(心エコー)

超音波によりリアルタイムで心臓の状況を確認できるのが超音波検査です。
心臓の大きさや形はもちろんのこと、動き(拍動)を確認できるのが非常に有用です。

心臓の筋肉の厚みや、心臓の弁なども確認でき、冠動脈の血流まで確認できることがあるそうです。

レントゲン検査

病巣などを発見することはできませんが、心臓の大きさ、加えて肺の状態、周辺の骨の状況を確認するのに有用なのがレントゲン検査です。

心臓のサイズにより、心臓が弱っているかの判断もできるそうです。

MRI

近年では動いている状態をMRIにて確認することができるようになっております。

カテーテルを使わずに腕の静脈から造影剤を注射することで、造影剤が冠動脈を通過する状況を見ることができ狭窄部位などを確認することもできるそうです。

また、造影剤を使わずとも冠動脈の状態、心筋梗塞により壊死した心筋なども確認できるそうです。

心臓核医学検査

静脈に放射性の薬(放射性同位元素:ラジオアイソトープ)を注射し、心臓から放出されるガンマ線を特別なカメラ(シンチカメラ)にて撮影することにより、心筋の状態、冠動脈の血流量などを確認することができます。

冠動脈造影検査・心臓カテーテル検査

様々な検査を行い、心筋梗塞・狭心症の疑いが強い場合に、最終的な検査として行われます。

腕、脚の付け根の動脈よりカテーテル(2mm程の管)を入れ、冠動脈へと造影剤を注入します。

レントゲンにより造影剤が冠動脈を通過する状態を確認することで、狭窄の起きている血管の位置などを正確に把握することができます。

最近では日帰りにて検査を受けるコトができる病院も増えているそうです。

血液検査の検査用語

血液検査を行うことで血中に含まれている様々な成分の量を確認することができます。
心筋梗塞により心筋が損傷を受ける場合、血中に心筋を構成している成分が流出する為、様々な成分において異常を確認することができます。

血液検査を行い、血中の複数の成分量を比較することで心筋梗塞の有無、発症経過時間などを判定することが可能になります。

心筋梗塞により血中濃度の上がる成分を一部ご紹介します。

クロアチンキナーゼ(CK・CK-MB、CPK)

CKは筋肉に存在する酵素であり、CPK(クロアチンホスホキナーゼ)も同様です。
CK-MBは特に心筋型とも呼ばれ心筋梗塞の判定に有用です。心筋梗塞にて心筋が損傷することで血中量が増加します。

トロポカニンT、I

心筋、骨格筋を収縮するために必要な心筋を構成するタンパク質です。

GOT(AST)、GPT(ALT)

肝臓、心臓、筋肉に存在する酵素であり、心筋梗塞発症と共に血中量が上昇します。
単体よりもGOT(AST)とGPT(ALT)の両方の数値を比較することで、心筋梗塞の有無、発症してからのおおよその時間などを確認することができます。

近年名称が変更されつつありまして、GOT(グルタミン酸オキサル酢酸トランスアミナーゼ)はAST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーセ)に、GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)はALT(アラニントランスアミナーゼ)となるそうです。

LDH(乳酸脱水素酵素)

体を構成する様々な細胞に含まれている酵素ですが、心筋などに多く存在していることが確認されております。
心筋に多いH型と、骨格筋に多いM型などがあります。

白血球

体外から侵入するウィルスや細菌、体内に発生する異物(腫瘍など)から正常な細胞を守るための免疫機能の役割を果たす成分です。

脊髄にて作られリンパ球、血液リンパ球、単球、好中球、好酸球、好塩基球と5種類あり、それぞれに違った役割をもちます。