狭心症と心筋梗塞

心筋梗塞と同様に虚血性心疾患に分類される狭心症は、心筋梗塞と同様の症状を伴うことが多く、心筋梗塞と間違えやすい病気でもあります。
比較的軽く見られがちな狭心症ですが、決して放置することができない心臓からのサインでもあります。

心筋梗塞と狭心症の異なる症状

心筋梗塞と狭心症は症状が似ておりますが決定的に違う部分もあります。

心筋梗塞は冠動脈の血流不足、血流が遮断されることで心筋が壊死してしまいますが、狭心症は血流が完全に止まるということは無く、血流量が減ることで心臓への酸素供給量が減り、痛みなどを生じる状態をいいます。

心筋に壊死が発生する場合が心筋梗塞であり、壊死が発生しない場合が狭心症なのです。

症状の持続時間の違い

心筋梗塞は痛みなどの症状は長時間持続しますが、狭心症の場合は短ければ数十秒、長くても15分程で症状が治まるとされております。

狭心症の痛み

痛みが発生する箇所は心筋梗塞と同様であり、胸の中心から左胸、上腹部にかけての前胸部に顕著に現れ、拡散痛も心筋梗塞と同様に、背中、頚部から下顎にかけて、左肩から左腕上腕内側などに痛みを感じることが多いようです。

痛みの度合いは心筋梗塞よりは強くないと言われておりますが、酷い場合には身動きが取れなくなるほど痛む場合もあるそうです。

内臓が締め付けられるような痛み、押しつぶされるような痛みなど、痛みの種類も心筋梗塞と似ております。

また、糖尿病患者、高齢者には痛みをあまり感じない場合があるのも心筋梗塞と同様です。

痛み以外の症状

狭心症にも痛み以外の症状が現れることがあり、息切れや動機などの呼吸障害、胃のむかつき・吐き気、全身のだるさや冷や汗、または歯痛などもみられるようです。

発症するタイミング

安静にしていても発症する可能性はありますが、急激な運動をしたり、排泄時などの力み、喜び・悲しみ・怒りなどによる興奮状態(ストレス)などの、血圧が急激に変化するような状況にて発症する可能性が高くなります。

階段を登っていたり、お風呂に入る・上がるタイミングなど、身近な行動でも発症することが考えられます。

狭心症の種類

狭心症は発症するタイミングや、原因により複数の種類に分類されます。

労作性狭心症

歩いたり、階段を登ったりと体を動かした場合や、ストレス・興奮した場合などのタイミングで発症する場合、労作性狭心症(ろうさせいきょうしんしょう)といわれます。

安静狭心症

運動・興奮などの引き金となるようなタイミングはなく、就寝時などの安静にしている状態でも発症する場合を安静狭心症といいます。

安定狭心症

運動後に発症し、安静にすることで症状が治まるというように、発症するタイミングなどに一定に法則がある場合を安定狭心症と言われ、多くの人は安定狭心症に分類されるそうです。

不安定狭心症

発症するタイミング、症状の持続時間なども一定ではく、一日のうちに何度も症状が現れるような状態は不安定狭心症と呼ばれ、冠動脈に粥腫や血栓ができやすい、攣縮が起きやすいなどの特徴がみられ、心筋梗塞へと移行する可能性が高く、狭心症の種類としては最も注意が必要です。

冠動脈硬化性狭心症

冠動脈の動脈硬化が進行することで発症するのが冠動脈硬化狭心症です。
労作性狭心症の大部分は冠動脈硬化狭心症とされており、初期段階では発症タイミングなどは安定しているが、動脈硬化が進むことで不安定狭心症へと移行することが多くなります。

異型狭心症・冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)

冠動脈が攣縮(痙攣して縮小する)することで血流量が減少し発症する狭心症です。
発生するタイミングなどは特になく、就寝時など安静にしている状態でも発症する可能性はあります。

心筋梗塞へ移行する危険性

狭心症は動脈硬化などの症状が進むことで心筋梗塞に移行する可能性が高い病気です。

心筋梗塞を予防するためにも、病院にて診断を受けて、早めに狭心症の疑いがあるという自覚を持ち、生活改善を行ったり、症状が現れないように気をつけて生活を送ることで、心筋梗塞への移行というリスクを減らすことができます。

症状を把握することが大事

定期的な検査はもちろんですが、症状が現れるタイミングや、度合いなどを把握しておき、今までと違う症状が現れた場合には心筋梗塞を疑うようにしましょう。