虚血性心疾患・心筋梗塞

心臓に酸素や栄養素を運ぶための冠動脈が狭くなり血流量が低下したり、血栓などにより血流が遮られることで、心臓に障害が発生してしまう疾患を総じて虚血性心疾患といわれます。
心筋梗塞は冠動脈が閉塞することで発症する虚血性心疾患という心臓病に分類される疾患なのです。

心筋梗塞以外の虚血性心疾患

虚血性心疾患は冠動脈疾患、冠動脈性心疾患とも呼ばれまして、心筋梗塞以外にも冠動脈の障害により発症する疾患があります。
心筋梗塞とも関係のある疾患であり、若年者でも発症する可能性がある疾患もあります。

狭心症

心筋梗塞に似たような症状が現れる狭心症は、即死に繋がる病気とは言えませんが、心筋梗塞よりも有症者数が多く油断できない病気であり、心筋梗塞と密接な関係があります。

詳細は狭心症と心筋梗塞の違いページにてご説明します。

原発性心停止

突発性心停止とも呼ばれ、心筋の壊死が広範囲に渡ることにより、心臓を動かすことができなくなり、心臓が停止してしまいます。

一次性心停止とも呼ばれますが、心不全や不整脈などによるショック症状としても発症する可能性が高くなる疾患です。

虚血性心疾患と併発しやすい疾患

冠動脈の血流が滞ることにより、心臓への酸素供給量が減ることで発症しやすい疾患があります。
虚血性心疾患を発症することで、併発しやすい疾患をご紹介します。

心不全

冠動脈が狭窄・閉塞することで、心筋が正常に機能することができなくなり、心臓が血液を送り出す機能が低下することで発症する可能性が高くなるのが心不全です。

左心不全

血液を送り出す機能が低下した場合(左心不全)には、全身への血液供給量の低下とともに、肺から心臓を介して全身へと供給される血液が、心臓にて供給が滞るため、肺うっ血が発生してしまいます。

右心不全

全身から巡ってきた血液を肺へと循環させる機能が低下した場合(右心不全)は、静脈のうっ血が生じてしまい、下肢の浮腫(むくみ)、肝臓の肥大・うっ血などの症状が現れます。

主に左心不全の影響により発症することが多いのですが、稀に先天的な右心不全もあります。

心臓の能力低下による影響

心不全が発症すると、心臓は血液を送り出す能力が低下してしまいます。
しかし、全身の細胞は酸素、栄養素を血液から取得しており、心臓の能力が低下したとしても、その需要量は変わりません。

そのため心臓は自ら肥大し一度に送り出す血液の量を多くしたり、血液を送り出す回数を増やす(拍動数上昇)などにより、以前と変わらない量の血液を全身へ供給するようにします。

しかし、心臓肥大や拍動数を上げるということは、一時的な代替機能であり心臓への負担を増やすともいえ、軽く動いただけでも動悸、息切れなどが起こりやすくなってしまいます。

心臓への負担を減らすために治療と共に、生活習慣の見直しなどが必要になります。

不整脈

心臓は右心房にある洞結節と呼ばれる器官から、電気信号が房室結節、ヒス束・プルキンエ繊維、右脚・左脚などを通ることにより心臓全体に伝わり、正常なリズムにて拍動し血液を送り出します。

心筋が動く際のリズムが崩れることで発症するのが不整脈です。

不整脈の種類

不整脈には大きく分けて3つの種類がありまして、一定のリズムの間に突発的に発生する異常な拍動を期外収縮といいます。

運動時など全身に血液を大量に供給する必要がある場合、心臓の拍動は早くなりますが、それ以上に早い拍動が安静時でも常に続いている状態は頻脈とよばれ、ひどい場合には痙攣を起こした状態(心室細動)となり、血液を供給することができなくなる場合があります。

頻脈とは逆に通常時よりも拍動回数が極端に少ない、最悪の場合は止まってしまう状態を徐脈といいます。

油断できない不整脈

脈拍としても確認できる心臓の拍動は、常に一定というわけではなく、体を機能させるために上昇、下降が適切に行われております。

突然の拍動リズムの乱れである期外収縮などは、特にすぐに目に見える症状として現れるわけではなく、まったく気付かない場合が多くなります。

しかし、突然の異常拍動をきっかけとして頻脈が発生し、長時間持続してしまう可能性があるのです。

見逃せない心臓からの警告

普段意識しなければ心臓の動きを感じるということは少ないと思います。

心臓を原因とする疾患は、突発的に重度の症状を引き起こすということは少なく、前触れとして何らかの症状(動悸、いきぎれなど)が現れることが多くあります。

違和感を覚えることは有っても気のせいで済ましてしまうことが多いと思いますが、頻繁にある場合には注意が必要です。

最悪の場合は、命に関わる疾患となり得る可能性もありますので、心臓が発する異常サインを見逃さないようにしましょう。

心筋梗塞の基礎知識について、さらに詳しく読みたい