心筋梗塞の原因

死亡確率の高くなる心筋梗塞は様々な原因からなります。
また、心筋梗塞を発病しやすい要因も色々あります。
心筋梗塞の原因を知り、自分に当てはまるか確認し予防を心掛けましょう。

心筋梗塞の直接的原因

心筋梗塞とは、心臓に酸素や栄養素を送るための冠動脈の血流量(血液の流れる量)が減る、または冠動脈が詰まってしまうことにより、心筋へ送られる血液が滞るために細胞が死んでしまい(壊死)、心臓として正常に機能しなくなることをいいます。

動脈硬化による冠動脈への障害

動脈硬化とは、動脈血管壁内にドロドロとした粥状の脂肪(コレステロールなど)が蓄積することで、血管壁が内側に盛り上がり血液の流れが悪くなる状態のことをいいます。

アテローム血栓症・アテローム動脈硬化

堆積した粥状した物質をアテローム・プラーク(粥腫)と呼び、アテロームを原因として発生する動脈硬化のことをアテローム血栓症、アテローム動脈硬化と呼ばれます。

また血液の流れが悪くなるだけではなく、蓄積していた箇所の血管内壁が傷つくことで血栓ができてしまい、さらに血流が滞る危険性や、血栓が剥がれて血液に乗り流れている際に、細い血管への通り口に詰まってしまい、血液が流れるのを遮る(塞栓症)可能性もあります。

細動脈硬化

老化により血管の弾性が弱くなることで、血液の圧力に耐えられずに血管が破裂することで起きる細動脈硬化もありますが、血管の太い冠動脈では主にアテローム性動脈硬化が起きます。

解離性大動脈瘤

大動脈の血管壁は三相構造になっており、内膜、中膜、外膜からできております。

内膜と外膜は中膜により接着された状態にあるのですが、中膜が弱くなることで内膜が剥がれて血流が滞る(瘤)、または外膜だけとなった血管が圧力に耐えられずに血管が破裂してしまう危険性がある状態をいいます。

動脈硬化と併発する可能性が高く、稀に先天的な疾患(マルファン症候群など)により発症する場合もあります。

冠動脈攣縮

冠動脈が攣縮(痙攣して収縮する)することで、血流量が減ることにより心臓への酸素供給が不足してしまう状態をいいます。

狭心症を引き起こす原因とされておりますが、動脈硬化などと併発することで心筋梗塞を発症する原因にも成り得ます。

心筋梗塞を発症する要因

心筋梗塞が発生する原因として多いのは動脈硬化であり、動脈硬化が発生しやすくなる要因は多数有り、生活習慣により発症する可能性が高くなる場合があります。

血液の能力低下

血管を流れる血流量が減る、血管が詰まるということが心筋梗塞の原因となります。

本来血液には、血管の傷を塞ぐために血栓を作る能力と、血栓がそのままでは血流が滞るので、傷が塞がった後に血栓を溶かす成分(血栓溶解酵素)により血栓は無くなります。

しかし、様々な要因により血栓を溶かす能力が弱くなることで、動脈硬化などと合わさった際に、心筋梗塞を起こしやすくなってしまうのです。

身近な心筋梗塞の要因(リスクファクター)

「ドロドロ血液」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、血液が異常な状態にあると動脈硬化などのリスクが高まります。

心筋梗塞を引き起こす要因を以下で確認しましょう。

血中コレステロール(高脂血症)

動脈硬化の原因として最も高いのが血液中のコレステロールが増加することであり、動脈硬化を引き起こす原因とされております。

喫煙

タバコの煙には活性酸素が含まれており、血管の細胞に害となり動脈硬化を促進すると言われております。

高血圧

血圧が高い状態が持続されることにより、血管に障害が発生しやすくなり、血栓ができる確率が高くなってしまいます。

糖尿病

血液中の血糖値が高い場合、血中のコレステロールと反応し粥腫が出来やすくなります。

また、神経障害を生じやすく、心筋梗塞が起きた場合に痛みなどを感じなく、症状が進んでしまう無痛性心筋梗塞を発症してしまう可能性があります。

アルコール

大量にお酒を飲む、また飲む機会が多い場合は動脈硬化が促進されると言われております。

アルコール分解時に発生するアセトアルデヒドは血圧上昇、冠動脈攣縮などの作用も確認されております。

ストレス

精神が体に与える影響は大きく、ストレスを感じている状態が長いと、血圧、血糖値、血中コレステロールなどが上昇することがわかっております。

肥満・メタボリックシンドローム

肥満とメタボリックシンドロームは明確には同意味ではないのですが、糖尿病発症の可能性増大、コレステロール、血圧、血糖値の高さはもちろん、内臓脂肪量などにより心筋梗塞を発症する可能性は高くなります。

運動不足

二次的な要因が強いのですが、運動不足の人は肥満、糖尿病となる確率が高く、結果的に心筋梗塞を発症する確率も高くなります。

男性

心筋梗塞は男性に多い病気と言われております。
明確なことは分かっておりませんが、仕事による生活習慣の乱れ、ストレスなどで発症数が多いと考えられております。

しかし、女性に少ないとはいえず、心筋梗塞を発症し死亡するまで症状が進んでしまうのは女性の方が多いという統計も一部あります。
これは女性の方が痛みに対して我慢強く、早期の治療を行えないからと言われておりますが定かではありません。