心臓

心筋梗塞とは心臓の病気です。
心筋梗塞を知るには心臓の仕組みなどを理解しておく必要があります。
私達が生きていくうえで最も大切と言える心臓について、その構造や働きなどを確認してみましょう。

心臓のメカニズム

臓器の役割や仕組み・構造などは小学校にて習ったと思いますが、血管などの働きと共に再確認してみましょう。

心臓の位置

心臓の位置は二つの肺の真ん中にあり、人体のほぼ中心に位置しております。

しかし、心臓の位置は左にあるとみなさん思っておりませんでしたか?
それは、心臓の左(特に左心室)が右よりも激しく動くということと、心臓の2/3が中心よりも左に寄っていることから、左に位置していると言われたと考えられております。

心臓を構成する4つの部屋

心臓には4つの部屋があると、小さいに頃に習ったと思います。左心室、左心房、右心室、右心房とあり、それぞれに役割があります。

左心室と右心室の間の壁を心室中隔、左心房と右心房の間の壁を心房中隔といいます。

心房と心室の間には弁があり、心房から心室へと送られる血液の逆流を防止しており、三尖弁といわれます。

心臓の大きさ

心臓の大きさは体の大きさにある程度比例はしておりますが、一般的に言われているのは正常な状態では握りこぶし大で、成人では250gから300gと言われております。

心臓の機能

心臓は全身に血液を送るためのポンプのような働きをしております。

電気刺激に起因した心筋(心臓の筋肉)の収縮と拡張が繰り返されることで血液が送り出されるのです。

心臓から全身へ

肺静脈から酸素を沢山含んだ血液は左心房に送られ、心房が収縮することで左心房内の圧力が高まり、三尖弁が開き左心室へと血液が送られます。

左心室に血液が送られ心室が収縮し始めると三尖弁がしまり、左心室の圧力が高まります。

左心室にかかる圧力が、左心室と繋がる全身へと血液を送るための血管である大動脈の動脈圧を超えることで、左心室と大動脈の間にある大動脈弁が開き、大動脈へと血液が送られます。

全身から心臓へ

全身へ酸素、栄養素などを運んだ血液は、大静脈を通り右心房へと送られます。

そして伸縮運動により右心房から右心室へ、右心室から肺動脈弁を通り肺動脈へ、肺動脈を経て肺へと血液が送られるのです。

心臓の力

心臓は拍動(伸縮)することで血液を送り出します。

心臓は一回の拍動により約70mlの血液を送り出し、心拍数(1分間の拍動回数)を約70回とすると4900mlとなり、1分間で約5リットルもの血液を全身へと送り出しているのです。

冠動脈

心臓は常に動いており、最も多くの酸素を必要とする臓器です。
心臓の筋肉が動くために必要とする酸素を供給する為の、専用の動脈が冠動脈なのです。

冠動脈は大動脈から繋がっており、心臓の表面を覆うように伸びております。

心臓に酸素と栄養素を供給した血液は、冠動脈と並行するように伸びている冠静脈を通り右心房へ直接送られ、全身から集められた血液と一緒に肺へと送られるのです。

血管の仕組み

心臓から全身へと酸素と栄養素を運ぶのが血管です。
血管には動脈、静脈などがあることはご存知と思いますが、動脈は赤、静脈は青というイメージがありませんか?

人体模型でも赤と青にて表現されている血管に関してご説明します。

動脈と静脈の働き

動脈とは酸素や栄養素を沢山含んだ血液を送るための血管であり、静脈は酸素を失い二酸化炭素を多く含んだ血液を送るための血管です。

動脈は心臓の血液を送る圧力に耐えられるよう、静脈よりも血管の壁が厚く、伸縮性や弾力性が高い構造となっております。

静脈には血液が逆流しないための弁があり、心臓の圧力という恩恵が弱くなった血液は、筋肉の運動と、静脈の弁の働きにより心臓まで戻ってこられるのです。

動脈と静脈の境目

動脈により酸素と栄養素を運んだ血液は、静脈を通り心臓に戻ってきます。
では、動脈と静脈の境目には何があるのでしょうか?

動脈と静脈は、もちろん繋がっておりますが、その境目といえる部分が毛細血管になります。
心臓から送り出された血液は動脈を通り、全身隅々に酸素と栄養素を運び、毛細血管を経て静脈を通り心臓に戻ってくるのです。

人間一人の血管を全て繋げると、その長さは10万キロメールにもなると言われております。

動脈は赤・静脈は青?

動脈の血液は鮮やかな赤、静脈の血液は紫がかった色をしていることが多いとされております。

それは血液の中にある赤血球(酸素を運ぶ細胞)に含まれているヘモグロビンに、酸素が含まれている状態だと赤く見え、ヘモグロビンから酸素が離れた状態では多少くすんで青黒い状態に見えるため、動脈は赤、静脈は青と誇張して表現されているからです。

実際に手の甲などに浮き出ている静脈は青っぽく見えますよね。